無職カードローン

審査が甘いカードローンだっけしぇ!

私自身はカードローンを利用したことがないのですが、現在のカードローンのCMを見ているとひと昔前よりかは審査が甘いのかなというイメージがあります。最近のカードローンCMの背景には、各業者が新しい顧客獲得に重きをおいているのかなと感じました。そして、新しい顧客を欲しがっているということは多少審査を甘くしてでも他よりも顧客を多く獲得しようとしているのではないかという印象を受けています。ただ、いざ自分がカードローンを利用するとなると、どんな業者だとしても金利等のデメリットについてきちんと調べてからカードローンを利用するべきなのではないかなと思います。

カードローンの審査が甘いのは、審査が厳しいとそもそも誰も利用しなくなるからだと思う。カードローンを使うのは手持ちの資金が少ないからで、ローンを組む必要がないくらい資金があればそもそも一括で購入する。しかしローンを組む必要がないくらい資金を持っている層は少ない為、それ以外の層にも高額商品を購入してもらうと思ったらローンを組むという選択肢が必要である。ただカードローンの審査が厳しいと、高額商品の購入チャンスが単純に減ってしまうため、多少は甘くしても間口を広げたいという事から審査が甘くなるのではと思う。最終的に回収できればいいので、ローンを組んだ人が破たんするかもという考えにはあまりならないと思う。「最短30分でOK!」、「即日、発行。」なんて、広告をよく目にします。そうった広告をよく調べてみるとやはりカードローンについての内容であることが多いです。もし現金が足りなくて、ローンを組みたいを考え、銀行等でお願いしても時間がかかったり、審査に通らないこともあります。そういったときは無駄な時間を費やすだけで、がっかかりすることもあります。本当に困って現金が必要なとき、カードローンの審査は甘いのでとても助かります。

限度額にもよりますが、アコム、レイク、アイフルといった一般消費者金融を代表するカードローンであれば、ある一定の収入があり、他社の多額な負債などがなければ、10万円や20万円など、小規模キャッシングは抜粋をした消費者金融は全て審査が通り、即日でキャッシングを行うことができるはずです。自分もそうでした。少しギャンブルなどにハマった時期があり、そのせいで生活費がなくなってしまい、その場を凌ぐために、申し込みを行えばすぐに借りることができました。

若いころ家族に内緒で高額の趣味の品物を購入するためカードローンを利用したことがある。審査を受けるためカード会社を訪れ質問を様々され、勤めている会社名を聞かれた。当時勤めていた大手通信会社の名前を出すと、その会社なら上限なく用立てるといわれ安心したものである。しかし、其のころから、カード会社の悪質な取り立て、それから逃れるための苦しい生活ぶりが世間を騒がせていた。今思えば私自身がその世界に足を踏み入れる寸前にあった。カード会社はカード会社で事情はあるだろうが審査を甘くして取り立てを厳しくする。この流れは今もこれからも変わらないだろう。私には1回の経験しかないが、ローン審査の甘さに有頂天になると闇の世界が口を開ける。

結構どんな人でも借りられちゃうというイメージではあるけど、それでもある程度はもうちょっとまともな人にだけ貸せばいいのにと思うことが多い。というか、そもそも審査が甘いってことは「それなり」なんじゃないかと思ってる。「こんな自分でも借りられた。」っていう人…そんなやつに貸すってことは、それなりの対応なのではないか?自分が貸す側だったら?考えたことないのだろうな。子供でも知っているだろうが、ちゃんと返ってくる人に貸すだろう。それが審査が甘いっていうことは、返ってこなそうな人にでも貸してくれてるんじゃないのか?返してもらうためにどんなことされるか?考えた方がいいと思うよ。